初登場名前呼び名種別症例解説
1週目佐倉 紗希佐倉さん  マーゲンゾル症
マーゲン痛症
ヒートバイン病
キドニー傷
記念すべき最初の患者。90年代の女子高生っぽい話し方をする。学校はあまり休まない方らしい。
2週目尾口 正夫尾口くん  ヒートダルム症
ダルムギフ病
水泳部でキャプテンをしている少年。
勉強はあまり好きではないらしいが受験生。来年は大学入試らしい。……ん?
2週目綾部 由未ユミちゃん  ガーリンダルム病
ヒートバイン病
ヒートブレスギフ
小学校高学年。マサちゃんとミーちゃんという友達がいるらしい。
3週目白沢 昌子白沢さん  ニドルバインギフ
マーゲンゾル症
おしゃべりなおばさん。息子のことをとても大事にしているが、その成績が気になって仕方がない模様。
問診においては、余計なことを言うのでたちが悪い。脚の症状の場合、軽症の時点ではどちらの脚か言わないので注意。
3週目茂木 ゆず茂木さん  ニドルマーゲン病
45歳独身の娘を持つ老婆。耳が悪いのか耳に手を当てているが、特に問診で困ることはない。宗派は日蓮宗だろうか。
病気が悪化すると必死で主人公に娘を押しつけようとする。
3週目荒川 高史荒川さん  ゾルアルム病
ヒートアルム病
以前にバクルス病発症歴のある青年。
4週目生駒 順ジュンくん  ヒートマーゲン病
ドペルバイン水腫
バルブ肝水腫
幼い少年。かわいらしい外見とは裏腹に髭の濃い父親と釣りに行くなどアウトドア派で、結構足が速いらしい。
4週目川越 城太川越くん  ゾルバイン病
マーゲンギフ
ブラダー痛
ご飯は茶碗で2杯でも小食だと思っている体育会系の少年。部活ではMFとして活躍している。入院中にナンパする肉食系男子。
4週目石狩 喜子石狩さん  ニドルバイン病
ヒートポッド症
小金持ちっぽいおばさん。自称、人望があって忙しい……とのことだが。
病室では白沢昌子と同一グラだが、白沢昌子とは逆のきっかけでひじを痛めて来院し、旦那の態度も正反対なのが興味深い。
5週目福山 あゆみ福山さん  ダルム水腫
ゾルアルム病
学校の先生をしているお姉さん。自分を花に例えたりするイタい面も。
主人公に気があるようで、自分の生徒を急患として連れてきたりする。カラオケ好き。
5週目国見 彩国見さん  アルム水腫症
きれいなお姉さん。スポーツクラブか何かのインストラクターらしい。彼氏持ち。
5週目高松 清高松さん  ドペルバイン水腫
ランゲゾル病
身体のでかいおじさん。メシマズ嫁持ちだが、もうすぐ孫が生まれるらしい。
足のつけ根について詳しく聞こうとした時の反応が……何を勘違いしたんだ!?
5週目西尾 耕作西尾さん  ニドルランゲ病
ヘルツ水腫
バーコード親父。西尾だけに抹茶色の服を着ている。痔主ではないらしい。
不調について詳しく聞こうとすると親父ギャグを言うことがある。
6週目高月 妃香莉高月さん  ニドルバインギフ
肝臓ニドル病
メガネ娘。外見が地味なのを気にするあまり、体内だけは綺麗であることを願っている。
学校はあまり休まないが、授業中にこっそりマンガを描いているらしい。
6週目岩国 広家岩国さん  マーゲンゾル症
水戸黄門を視聴し過ぎていそうなハゲジジイ。自分の胃に「静まれィ!」と喝を入れるおちゃめな一面も。
実は主人公の父親の代から主人公の病院に通っていた。
7週目八尾 麻衣マイちゃん  キドニー水腫病
眉毛の太いクマのぬいぐるみを抱いている女の子。まだ右と左がよく分からない年齢らしい。
体力が1/2を切った時の診察室グラには心が痛む。
7週目清水 弘司ヒロシくん  ヒートランゲ症
活発そうな外見の男の子。しかし趣味はゲーム。
7週目竹富 牛子竹富さん  ヒートポッド症
見た目はいじわるそうな印象があるが純朴な田舎のおばあちゃんのようである。
病気とはあまり関係ないことを言いまくる患者その2。ていうかどこ弁だよ……。
7週目田辺 竜太郎田辺さん  ヘルツ水腫
ガックリしていて気が弱そうな老人。従軍経験がある模様。盆栽を大切にしている。
9週目十文字 洋一十文字さん  ランゲゾル病
ひたすら髪の毛が気になるタンクトップ青年。どんなに苦しくてもヘアスタイルを気にしている。
VB医療関係職を目指す大学院生だが、知識はそこらのおばさんとどっこいである。
急患明石 正吉明石さん  ダルムギフ病
ブラダー炎症
ゾルブラダー種
単身赴任中の不健康そうなおじさん。妻と娘がいる。
急患大泉 清美大泉さん  ゾルランゲ病
ソフトボール部の活動に励む中学生。福山あゆみが急患として連れてくる。
急患       
急患葉山 美咲-- トライポッド脳症 プレイヤーの病院に勤める平成3年生まれの看護婦。英検一級持ち。
本作のラスボス・トライポッドのキャリアで、プレイヤーがVBマスターズになった後に病床の空きができると発症する。

↑ページ最上部へ